ゆとりがひとりで企業内スタートアップ。

ゆとりがひとりで企業内スタートアップ。

20歳の頃から「とりあえず3年」といって働き始め、早6年。新人や若手リーダーへ向けたライフハック、働き方(心の持ち方)、を簡単にまとめたいなと思います。

大手SIerに入社して6年目に思う「働く」ってなんなのか

follow us in feedly

スポンサードリンク

お疲れ様です。しどまです。

 

僕たちはなぜ働いているのでしょうか?

f:id:shidoma:20160523032144j:plain

何をそんな青臭いことを・・・、働くのは国民の義務でしょ。と思うでしょうか?ほとんどの人はそうは思いませんよね。お金を貰うために働いているんですよね、きっと。毎日、生活しなくちゃいけないから、やりたくもない仕事をして、お金を貰っている。・・・という人が多いのでしょうか?

 

僕にそんなイメージがついているのは父親が働く様子をみていたからでしょう。僕の父親は、とあるサービス業の管理職ですが月1回ほどしか休日がありませんでした。いやいや、ホントに。朝は6時ごろに家を出て、23時頃に帰ってきてビールを1本飲んで寝る。たまの休日は昼まで寝ていて、夕方にははぐれ刑事(純情派)を見て動きませんでした。

 

僕にはこぼしませんでしたが、仕事で相当ストレスが溜まっているようでした。疲労困憊というか。家に帰ってきてからも電話で呼び出されることもありました。穏やかな性格なので、荒れたりはしていませんが。やれやれ・・・といった感じで。

 

そんな父親をみながら育った僕も20歳のときに就職し、新人研修で「働くとは何か」を先輩や家族にインタビューするという課題が与えられたのです。

 

・両親の答えは、生活のために稼いでいる。でした。

冒頭で述べたイメージはまさに両親の口から出てきた言葉によって固められました。まぁ、そうだよね、やっぱりね、という感想です。実家は一戸建てでローンも支払い中ですし、僕の生活費や学費も支払ってますし、お金は必要です。ギリギリというわけでもありませんが、余裕はない様子です。

 

ところが、僕が尊敬する会社の先輩の答えは違いました。

 

・先輩の答えは、仕事すればお金が貰えるなんて、なんて楽なんだ。でした。

僕の両親とは全く違う回答が帰ってきました。これは一体どういうことか、と思いじっくり話を聞いてみました。先輩曰く、学生時代は昼間は研究して、夜はバイトして、寝る時間もあんまり無くて、しかも自分でお金を払っている。今は、朝、会社に来て、働きながら同僚と楽しくお話して、夜には家に帰って寝られる。これでお金が貰えるなんてラッキーでしょ。と。

 

夜に帰れるとは言っても、SEの運命で終電のこともあるのですが、これは一理あると思いました。僕も学生時代は夜はTSUTAYAで1時までバイトして帰って(ニコ動見てから)3時くらいに寝て、6時に起きて学校へ行く生活でしたから、確かにその頃より、心身ともに健やかです。

 

・意識高い系の同僚の答えは、自己実現のため、でした。

自分自身の成長のために働いているのだそうです。専門技術が身についたり、コミュニケーションスキルが身についたり、自己実現が成るのだそうです。聞いた当時は、はいはい、って感じで聞いてましたが、これも一理ありますよね。レベル上げるのが楽しいってこと。

 

気になるのはレベル上げて、どんなラスボスを倒したいのかってことですが。俺TUEEEってしたいんですかね。

 

・本でみる偉人達は、社会貢献のためと言っていた。

ひとが成長する過程では、若いうちは技術を高めたり、能力を誇示したり、自分の価値を周囲に知らしめたい、という欲求があり、人柄が完成される(年をとる)に連れて、周囲への感謝を伝えたくなったり、社会への貢献をしたくなるのだそうです。

 

いわゆる丸くなる、というやつなのでしょうか。とは言っても、社会なんていう大きなものに自分が貢献できるなんて実感できないですよね。それに、社会に貢献したからって自分にメリットがあるとは想像しづらいです。メリットのある、なしではないんでしょうけどね。

 

・じゃぁ僕はなんのために働くのか?

極端な話、働く理由がないのなら、働かなければ良いと思います。実家に大きな資産があるなら、嫌な思いまでして働かなくとも、年利だけで生活できるでしょうし。少ない給料でも自由に生きるのが良い、という考えも最近は多いです。

 

今年の新人へのアンケートでは、残業したくないしお金もいらない人が約60%強、残業してお金が欲しい人が約30%弱だそうです。僕もわりと収入には執着がないほうで、出来るだけ早く仕事を終わらせて帰ります。

 

でも、入社から3年くらい経って、ふと暇ばかりの時期がきました。平日も大してやることがないから、同僚と話をして定時には帰り、平日の帰りが早いもんだから休日にも大してやることがありません。すると、考えなくてもいいような余計なことを考え始めるんですね。

 

元来、ネガティブな性格なので、いまの生活の仕方で貯金はいくら溜まるんだとか、結婚できるのかとか。その時はバンドをやっていたので、成果が出ないのはなぜだとか、メンバーに想いが伝わらないとか、バカの方が楽しく生きられるんじゃないか、とか。そんなことを考えます。1日中頭の中をいっぱいにしとかないと落ち着かないんですね。

 

 

・僕の答えは、2つあった。

まぁ、細かく言えば2つだけではなくたくさんあるのでしょうけど、主な理由は2つです。1つは、働いていると落ち着くから。前述のとおり、暇だと余計なことを考えてしまって辛くなるんですよね。自分の存在価値を探し始めてしまうというか。そんな考えはいつまでやっても終わらないんですよ。お金持ちが暇つぶしに考えとけばいい。

 

もう1つは、褒められたいから。承認欲求というやつですね。性能のいいシステム作ったり、顧客にわかりやすい資料をつくったり、要件を可視化してあげたり、もっと良い販促戦略につなげるアドバイスをしてあげたり、役に立つと喜ばれますし、褒められます。人の役に立つって自分にとっても良いなぁ、と思い至ったんですね。(デメリットは自分がやりたいことが見つからないことですが、・・・あぁ。)

 

 

まとめ:働くって狭義では仕事をすることだけど、それだけじゃない。自分に出来ることや、したいことをして、それが自分以外の誰かへの働きかけになる・・・ってことなのかなーと思います。

別に会社に入らなくてもいいし、フリーランスはもちろん良いし、専業主婦(主夫)でもいいし、夢を見ながらフリーターでもいいし、引きこもったってゲームで世界ランクとるとか、何でもいいのではないかと思います。(社会経済的には良くないけどね)

 

ただ、義務なので、規則なので、決まっているので、意味ないけど働いてる。という思考停止になっている人もいるのではないか、と危惧してます。どこかでも書きましたが、僕は意味がないなら働かなくてもいいと思ってます。誰かが決めた規則に従う必要なんてないし、行動する責任は全て自分にあると思ってます。意味のないことに時間を費やして死ぬとき後悔しないように頑張りたいと思います。(あぁ・・・果たして意味ある人生になるのか怖いですね。生きることに意味なんてないよ、っていう論もあるとは思いますが。)

 

 

以上!

広告を非表示にする

スポンサードリンク