ゆとりがひとりで企業内スタートアップ。

ゆとりがひとりで企業内スタートアップ。

20歳の頃から「とりあえず3年」といって働き始め、早6年。新人や若手リーダーへ向けたライフハック、働き方(心の持ち方)、を簡単にまとめたいなと思います。

Neverまとめ、Wikipediaにみるプロダクト開発のアイデア「フロー情報のストック」

follow us in feedly

スポンサードリンク

お疲れ様です。しどまです。

 

最近、TwitterFacebook、LINE・・・いずれのTLも全くみてません。

f:id:shidoma:20160531154542p:plain

去年までは結構な時間チェックしていたんですけどね。〇〇が好きだとか、どこで飲んだとか、誰と遊んだとか、友人各位の挙動にいいね!いいね!してました。

 

でも、数百人フォローしてると、ちょっと目を離したすきに追いつけないくらいTLが流れていきますよね。正直、追いかけたいほどのネタもないですし、新アプリの広告ツイの方が興味あったりします。

 

リスト使えよ、というのもありますがリスト管理って使い勝手悪すぎじゃないですか?リスト管理機能を使いこなすように練習してまで、TL見たいとも思わなくなってしまいました。ところが・・・!

Naverまとめや、Togetterの登場

同じことを思う人がいたのか定かではありませんが、時事ネタに関するツイや、感慨深いツイ、面白ツイなどはNaverまとめや、Togetterで「まとめて」読めるようになりました。

 

TL上にポツポツ散逸していた情報が時系列に沿って読めます。点の情報が、線になって捉えられるようになりましたし、議論などがあればストーリーも見えるようになりました。

 

Naverまとめや、Togetterが、TLの海から有益な(?)情報だけを拾いあげてくれるようになったのです。(集めて展開する場所と、集める人を用意してくれた。)

 

これがフロー情報をストックする、ということです。

 

フロー情報の性質とは?

フロー情報には以下のようなものがあります。

SNSのタイムライン

・日常の会話

・放送中のテレビ/ラジオ番組

・変化しつつある気候

・ニュース・・・etc

文字通り、流れていく情報です。一見、テレビやニュースはその時点でまとめられているように思いますが、聞き流している状態ではフロー情報です。

 

新鮮な情報を得ることが至上目的である一方、ゴミ情報と、役に立つ情報が混在しており、受け手の情報を拾いあげる能力によって価値に差が出ます。

 

あまりに大量のフロー情報があるとコンテンツが重要であるか、そうでないかに関わらず、読みたくない気分になりがちです。

 

フロー情報とストック情報の変換

テレビ番組は放送後にDVDなどのストック情報に変換し、販売することが前提となっており、フロー情報は宣伝の役割、ストック情報は収益化の役割を担っています。

 

日常の会話も誰かと会話したことを記憶としてストック情報に変換し、また別の誰かと会話するときにフロー情報へ変換して利用しています。この変換時に僅かな誤差が生じるので、噂話などは尾ひれがついていくのですね。

 

こうしてフロー情報とストック情報は常に変換されながら、より利用しやすい形で消費されていきます。

 

自分がコンテンツを作るとき、フロー情報なのか、ストック情報なのか意識することで有効なプロダクト開発やエンハンス、宣伝戦略を立てることができるのではないでしょうか。

 

ブログはフロー情報か、ストック情報か

ブログ自体は、フロー性が高いメディアではありますが、検索流入を狙った知識まとめサイトであれば、SEO対策のためストック情報の掲載が多いでしょう。意識しなければ。

 

反対に、時事ネタに対する意見や、日々思うことの日記はフロー情報となります。多くの共感を得られやすく、バズりやすい特徴がありますが、あまり再利用はされません。

 

SEO対策のためストック情報ばかりを書こうとすると、毎日更新するのが億劫になってきます。フロー情報を毎日、2日に1回くらいはストック情報の方が無理なく続けていけるのではないでしょうか。

 

個人的考察

都会で人とすれ違うことはフロー情報で、田舎で人とすれ違うことはストック情報だなぁ~なんて思います。渋谷駅で降りて目的地に行くまでの間にすれ違った人の顔なんて、全く覚えていませんが、田舎では結構覚えてます。

 

単純に情報量の差かもしれませんが、人の目を気にするという観点だとどうでしょうか。いつもより挑戦的な服を着て外を歩くとき、東京だと気になりませんが、地元だと気になります。

 

これは自分自身の服装が、東京だとフロー性を持っていて、田舎だとストック性がある、ということに・・・なりませんか?笑

 

 

おわりに

フロー情報とストック情報の特徴についてざっくりまとめましたが、最近思うのはほとんどの情報のフロー性が高くなりつつあるなぁ~ということ。そもそもまとめ記事自体も多くなり、読みたくなくなってきましたし、新作DVDだって毎日出ます。

 

あまり情報の取捨選択が上手くないので、そろそろ削除業者なんか出てくれないかな~と思ってます。でも、そうしたらこの記事自体も消されちゃうんですけどね。

 

以上!

広告を非表示にする

スポンサードリンク